黒ずみに効くクレンジング剤の選び方は?

黒ずみに効くクレンジング剤の選び方は「効果がある」よりもむしろ「黒ずみを悪化させない」ことを重視して選んでいくことがポイントです。そのクレンジング剤を使用すれば黒ずみが改善される、ではなく、黒ずみができやすい環境を改善できるという考え方の方が自分に適した製品を選びやすくなります

黒ずみ対策でクレンジング剤を選ぶ時は、オイルタイプを避け洗顔料も兼ねたものが効果的

はっきり言ってしまえば黒ずみができてしまった肌にクレンジング剤の使用は適しません。肌への摩擦や刺激によって色素沈着を起こしてしまったのが黒ずみのおもな原因ですから、肌への負担が大きなクレンジング剤を使用してしまうとますます悪化させてしまう恐れがあるからです。

 

それどころか普段使用しているクレンジング剤がそもそも黒ずみの原因となってしまっている可能性も十分に考えられます。まずは健在使用している製品よりも低刺激なものを意識して選んでみましょう。

 

最大のポイントはオイルクレンジングは避けることです。洗浄力に優れ、もっとも一般的な選択肢ということもあって使用している方も多いオイルクレンジングですが、その一方で肌への負担が強いため、黒ずみに悩んでいる方には適さないのです。

 

肌に余計な刺激を与えてしまうだけでなく、肌の保湿に必要な皮脂やセラミドまで除去してしまうことでバリア機能を低下させ、メラニン色素が増加しやすい環境を作ってしまうのも厄介な点です。

黒ずみが気になる場合はミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを

ですから黒ずみが気になる場合にはミルクタイプやクリームタイプなどできるだけ低刺激なものを選ぶことがポイントです。

 

とくにおススメなのが保湿成分が配合されているタイプです。メイクを落としながら乾燥とバリア機能の低下も改善していくことで黒ずみの予防と改善に役立てていくことが可能です。

 

その他にもビタミンC誘導体やビタミンB2、B6といった美容成分が配合されているタイプもおススメです

 

あとは洗顔料の役割も兼ねたタイプもダブル洗顔の負担を避けることができるため黒ずみ対策には適しています。メイクをしっかり落としつつ、黒ずみの原因となるような肌への負担を避けることができる。これを大前提としつつ、自分の肌に合ったクレンジング剤を選んでみましょう。
お尻の黒ずみ・ブツブツで使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

お尻の黒ずみで使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング

Puchinon(プチノン)

薬剤師が開発!ニキビ・黒ずみ・たるみの3大お尻悩みに!全身にも使えるクリーム
8,000円・税別/定期初回2,980円(2回目以降5,980円税別)
プチノンの公式HPで詳しく見てみる!>>
ピーチローズ 医薬部外品

お尻の黒ずみ化粧品

300分の1サイズのヒアルロン酸!お尻の厚い角質にもアプローチする医薬部外品
10000円税別/定期コース5695円税別
ピーチローズの公式HPで詳しく見てみる!>>
ヒップルン薬用ホワイトクリーム

黒ずみだけでなくハリ対策にも!下着メーカー開発の安さも魅力の薬用クリーム
1980円税込/定期コース1,782円・税別
ヒップルンの公式HPで詳しく見てみる!>>

関連ページ

黒ずみの原因
そもそもなぜ肌は黒ずんでしまうのでしょうか。 黒ずみにまつわる様々な疑問を紹介しています。
角栓の除去方法
角栓はどのように除去したらいいのでしょうか。 お黒ずみにまつわる様々な疑問を紹介しています。
黒ずみの対策方法
肌の黒ずみはどのように対策をするのが効果的でしょうか。 黒ずみにまつわる様々な疑問を紹介しています。
黒ずみと洗顔料
黒ずみ対策に効果的な洗顔料はどのように選べばいいでしょうか。。 黒ずみにまつわる様々な疑問を紹介しています。
黒ずみのスキンケア
肌が黒ずんでしまった時はどのようなスキンケアをするのが適切でしょうか。 黒ずみにまつわる様々な疑問を紹介しています。
小鼻の黒ずみ
小鼻の黒ずみの上手な取り方とはどのような方法でしょうか。 黒ずみにまつわる様々な疑問を紹介しています。
毛穴パック
毛穴パックは毎日使えば効果的なのでしょうか。 黒ずみにまつわる様々な疑問を紹介しています。
黒ずみのカバーメイク
黒ずみをカバーするにはどのような化粧方法が適しているのでしょうか。黒ずみにまつわる様々な疑問を紹介しています。
敏感肌の黒ずみケア
敏感肌の場合どのような黒ずみケアが適していのでしょうか。 黒ずみにまつわる様々な疑問を紹介しています。