日常で出来るヒップケアの方法にはどのようなものがありますか?

ヒップケアはできるだけ日常生活の中で行っていく必要があります。その点は顔や他の体の部位と同様です。ただお尻はその位置の関係上、ケアが難しい面もあり、とくに意識して対策を行っていく必要があります。

一番のポイントは予防、下着の素材や付け心地にもこだわって

では日常でできるヒップケアにはどのようなものがあるのでしょうか?まずポイントとなるのが予防。黒ずみやニキビができる原因をできるだけ排除することが大事です。この原因を放置しておくといくらよいスキンケア製品を使用しても効果が十分に得られません。

 

この原因の解消で鍵を握るのが下着。日ごろ下着の接触によってお尻の肌に刺激がもたらされ、ニキビやザラツキの原因となってしまいます。そのためにきびや黒ずみができてしまっている部分が擦れない下着を選ぶのが第一です。

 

下着はファッション性も大事ですから、その点も考慮しつつ、できるだけ広範囲をカバーする下着を選ぶようにしましょう。また下着に関しては素材も大事。化学繊維製の下着はどうしても肌への刺激が強くなるためできるだけ避けましょう。また柔軟剤を使用することで接触の際に刺激を和らげることもできます。

腰かける際は良い姿勢を心がける、保湿もしっかりと

他にはいすに腰掛ける際にはできるだけよい姿勢を心がけ、クッションを使用するなど疲れにくい状態を心がけること。そうでないと何度もお尻を動かして姿勢を変えることで余計な刺激と負担をかけてしまいます。

 

それからスキンケア。この点では角質をしっかりと落とすことと保湿が鍵となります。古くなった角質を落とすためにはできるだけ洗浄力が強いものが望ましいのですが、あまり刺激が強すぎる洗浄成分が使用されたものは適していません。

 

ボディソープよりも石鹸の方がよいでしょう。また保湿を行うことで衣服との摩擦が起こりやすいため、化粧水やローションで保湿対策を行うのも重要なポイントです。

 

これらの対策はそれほど難しいものではなく、心がけひとつで毎日十分に行っていくことができるはず。こうしたちょっとしたケアがお尻の悩みを改善へと導いてくれることでしょう。
お尻の黒ずみ・ブツブツで使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

お尻の黒ずみで使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング

Puchinon(プチノン)

薬剤師が開発!ニキビ・黒ずみ・たるみの3大お尻悩みに!全身にも使えるクリーム
8,000円・税別/定期初回2,980円(2回目以降5,980円税別)
プチノンの公式HPで詳しく見てみる!>>
ピーチローズ 医薬部外品

お尻の黒ずみ化粧品

300分の1サイズのヒアルロン酸!お尻の厚い角質にもアプローチする医薬部外品
10000円税別/定期コース5695円税別
ピーチローズの公式HPで詳しく見てみる!>>
ヒップルン薬用ホワイトクリーム

黒ずみだけでなくハリ対策にも!下着メーカー開発の安さも魅力の薬用クリーム
1980円税込/定期コース1,782円・税別
ヒップルンの公式HPで詳しく見てみる!>>